2007年11月

2007年11月23日

 「日野原 重明」というお医者さんの「いのちのおはなし」という絵本を読みました。 「いのちってなあに?」 「生きているってどういうこと?」「いのちはどこにあるの?」 日野原先生は聴診器をだして、友だち同士の心臓の音を聞いてみようと提案します。「さて、いのちはどこにあるの?」 子どもたちは「心臓!」「頭!」「体全部!」などと答えます。日野原先生は「いのちは君たちの持っている時間だとも言えますよ」と話します。 「時間を使うことは、いのちを使うことです。」いのちをどう使いますか? 「これから生きていく時間。それが君たちのいのちなんですよ。」 あとがきでは、人がいきていくうえで、もう一つ大事なことは「こころ」です。心 を育てるとは、自分以外の人のために、自分の時間を使おうとすることです。 いのちをどう使おうかと決める「こころ」が大切です。と、話しています。…続きを読む

社会福祉法人真和会 白鳩保育園

岡崎市針崎町字朱印地3番地
電話番号 0564-51-5035 FAX 0564-55-3069

ページの先頭へ戻る