2009年8月

2009年08月23日

7月の初めごろ、体長20センチ位のミシシッピアカミミガメが、園庭をのそのそと這っていた。子ども達は驚きの歓声をあげ、保育室の水槽に入れてはみたが、すぐに這い出してしまった。すぐに近くの小川に返そうと竹藪に逃がしたところ、穴を掘って、卵を藪の中に生んでしまった。テレビでは、ウミガメが夜中に砂の中に涙を流して卵を産み、砂をかけて海に戻っていくという光景は何度も見たことはあるが、竹藪の中でカメが卵を産んだのをみるのは初めてであった。 その後カメは砂もかけずに立ち去った。またあるとき、農園の草むらの中で雉が卵を温めていた。まだまだ自然の不思議にあう経験であった。 その後残念なことに、雉の卵は何者かに食べられてしまいやはり厳しい現実を痛感した。しかし、カメの卵はいまだ健在である。出産予定は9月中旬ごろ・・?皆で心待ちにしている。…続きを読む

社会福祉法人真和会 白鳩保育園

岡崎市針崎町字朱印地3番地
電話番号 0564-51-5035 FAX 0564-55-3069

ページの先頭へ戻る